自分に合った

AGA治療を選択

藤沢・町田・厚木・海老名・小田原エリア


神奈川県西部のAGAクリニック比較サイトを運営しています。
ホームページをご覧いただき、治療内容、料金体系、などがご自分にとって適切かどうかをご確認ください。

AGAの症状には、20代から30代という老年性脱毛にはまだ早い時期なのに段々と額が後退していくM型薄毛、頭頂部がカッパみたいに薄くなるO型薄毛、あるいはその2つが同時進行していく複合型薄毛といった症状があります。

M型薄毛は、男性ホルモンのテストステロンが酵素により変換されてできたジヒドロテストステロン(DHT)の働きによって、発毛サイクルの乱れを引き起こすことが原因となります。O型薄毛は、頭皮の血行不良によって髪の毛に栄養が行き渡らなくなることが主な原因で生じるものです。

AGAの原因として、男性ホルモンの作用、頭皮の血行不良を挙げましたが、ストレスや生活習慣の影響も無視できません。AGA治療では、こうした薄毛の原因を探りながら、改善を目指してゆきます。

 AGA治療の具体的な内容には、植毛など(外科的治療法)、薬剤を注射する(注入療法)、薬剤を塗る(外用療法)、薬剤を服用する(内服療法)といった療法が見られます。

治療法を誤らなければ、特に薬剤を使ったAGA治療法は、細胞の老化を原因とする老人性脱毛症よりも比較的高い治療効果が期待できるのが特徴です。ストレス解消や生活習慣の見直しと並行して、薬剤によるAGA治療を続けていくわけです。生活習慣の見直しを重視して、食事療法をミックスした治療を行っているケースもあります。

また、東洋医学によるAGA治療も進められています。マッサージと指圧、針、灸の技術を駆使して、脳と中枢神経を活性化させ、身体の自然治癒能力を向上させつつ、本来の髪の毛を取り戻そうというものです。この東洋医学の考え方をメジャーな(西洋医学の)AGA治療にミックスする試みも珍しくありません。 

さらに、最近では美容医療の技術を使って、頭皮環境の改善化、毛母細胞の活性化を行う治療もでてきています。具体的には、ダーマペン、プラズマシャワー、成長因子配合の注射剤、毛髪再生注射、などです。

毛母細胞も細胞ですから、活性化しながら、老化するのを防ぐためには、体すべての細胞を元気にしていく必要があります。自分にあった治療法を組み合わせながら、その時の自分にとってベストな治療法を見つけていってください。

そもそもAGAとは、

  • 脱毛ホルモンによって「抜け毛が増える」
  • 加齢や生活習慣の乱れで「毛を生やし・育てる力が衰える」

という、大きく2つの原因によって進行する薄毛です。

そのためAGAの治療薬にも、これらの原因に合わせて2つのタイプがあります。


AGA治療薬のタイプ
①脱毛を防ぐ「守り系」タイプ

⇒抜け毛の原因となる脱毛ホルモンを抑制することで、薄毛の進行を抑制する
②発毛を促す「攻め系」タイプ

⇒毛を作り出す細胞やそこへ栄養を送る血流を促して、発毛力を高める

は基本的に飲み薬ですが、飲み薬と塗り薬(頭皮に塗るタイプ)があります。また①と②両方の効果を持つ注射剤もあります。



 

①守り系のAGA治療薬

抜け毛を防ぎ薄毛の進行を抑える「守り系」の働きをもつ、

  • プロペシア
  • プロペシアのジェネリック(フィナステリド)
  • ザガーロ



 

②攻め系のAGA治療薬

毛を生やし成長させる「攻め系」の働きをもつ、

ミノタブ、MINOX(ミノキシジル注射剤)

ロゲイン

デュアルゲン



③攻めと守り両方の効果があるAGA治療薬

ヘアフィラー
ベネブ





【AGA治療とは】

・①、②、③を組み合わせることで相乗効果をもたらす

 

①    プロペシア、フィナステリド、ザガーロ

 

②    ミノキシジルタブレット、ミノキシジル塗薬(ロゲイン、デュアルゲン)、MINOX(ミノキシジル注射剤)

③   ヘアフィラー、ベネブ

 

 

あとは頭皮環境を整えるために、シャンプー、コンディショナー、ローション、内服(サプリなど)がメンテナンスには重要です。


AGA治療は治療としてはシンプル。科学的根拠のある治療法は限られているからです。自分にとって有効性と安全性のバランスのとれた治療がきっと見つかるはずです。

そうなるとあとは通いやすい、料金が高すぎない、治療選択肢が多い、などが継続するための条件になってくるように思います。AGA治療はある程度継続してみないと、その治療が自分に合っているのかどうか分からないからです。


比較ページでクリニックの料金、場所、治療内容をまとめているので、クリニック選択の参考にしてください。

AGAセルフチェックリスト

AGA-NEWS

各種治療

ヘアフィラー

ヘアフィラーは毛髪再生治療として開発された世界初の毛髪再生用注入剤です。 髪の再成長、頭皮の再構築のために開発された特許取得済みの7種類のペプチド複合体(ハイブリッドペプチド)が配合されています。ペプチドとはアミノ酸が2個以上つながった(ペプチド結合)構造のもので、これらのペプチドが発毛増殖因子と同じ働きをすることで、毛母細胞と頭皮を再活性化し、髪を再成長、発育を促進します。
また男性のみならず、女性の薄毛に対しても治療出来るのが特徴です。

BENEV(ベネブ)療法 (成長因子毛髪再生医療)


BENEV療法とは、数種類の成長因子を配合した薬剤(GF Hair Care Complex)を頭皮に注入する毛髪再生療法です
この成長因子薬剤はアメリカのBENEV社により開発されたもので、FDA(米国食品医薬品局)の認可を受けています。

成長因子薬剤を頭皮に作用させることによって、毛周期を正常に導き発毛や育毛を促進させることができます。
海外の臨床試験では42%の患者で発毛、33%の患者で毛髪が太くなり、72%の患者で脱毛の進行が止まったとされています。
HARG®療法と比較して日本人での研究データは少ないですが、格安に治療を継続できる利点があります。
もちろん男性だけではなく女性の薄毛にも効果が期待できます。


頭皮に注射して発毛促進「ミノキシジル注射」

ミノキシジルは毛包に作用して、新しい毛の発毛を促進し、抜けにくいしっかりとした毛髪を育てます。壮年性脱毛症の症状に、男性にも女性にも推奨されている治療薬です。ミノキシジル注射は適応の範囲に薬を直接注入するので浸透しやすく、その作用が得られます。