AGA治療について

<ヘアフィラー>

特徴

ヘアフィラー療法は、男性・女性共に薄毛治療が可能で、毛包形成や毛乳頭形成などの再生を促進する「ペプチド複合体(ハイブリッドペプチド)」が作用して発毛を促します。
また、ストレスなどにより発生した過剰な活性酸素は毛包・毛乳頭の細胞に影響を与え、髪にダメージを与えます。そんな活性酸素を抑制し、ダメージから髪を守ります。
毛髪移植後の定着と発毛促進にも効果があり、他の治療やトリートメントと組み合わせることでの相乗効果も期待できます。

作用

本来ペプチドは速やかに消失してしまいますが、ペプチドがヒアルロン酸ジェルに包まれてることにより15日間かけて徐放される薬剤となります。効果が15日間続くため治療間隔は2~4週間に1回で、効果には個人差がありますが計4回の施術をお勧めしております。

●毛包形成の促進
●毛乳頭形成の促進
●薄毛の原因となり発毛を抑制するタンパク質を減少させる
●活性酸素による毛包・毛乳頭のアポトーシス(細胞死)の抑制
●血管新生や血流を改善させる

施術


・2週間~4週間おきに、1回の施術を4回行います。
・注入部位に麻酔クリームを塗布します。
麻酔クリームをしっかりと拭き取り、感染を防ぐ為アルコールなどで術野を消毒したあと頭皮に注入します。